高槻市・茨木市・島本町
新築一戸建/中古一戸建/マンション/
土地/ビル/店舗/収益

ブログ

blog

2023年12月8日

駅から遠い家を売るコツを紹介!売れやすいアピールポイントも解説

目次

駅から遠い家の基準とは?

駅から遠い家が売れにくい理由

駅から遠い家を売るコツを紹介!

車移動の生活をしている人をターゲットにする

価格を重視する人をターゲットにする

駅から遠い家の売却実績が多い不動産会社を使う

駅から遠い家を売るためのアピールポイントを紹介

まとめ

駅から遠い家の基準とは?

都市部や郊外では「駅から遠い家」という基準が異なることが一般的です。都市部では、徒歩で10分以上の距離を「駅遠」と捉える傾向が強いですが、郊外や田舎では車やバスで20分以上かかる物件がその基準となることも。この「駅遠」は、通勤や通学の利便性、日常の生活利便性などを考慮すると、多くの人々にとっては重要な選定基準となります。特に都市部では、駅からの距離が物件の価値を大きく左右する要素として注目されることが多いです。

駅から遠い家が売れにくい理由

「アクセスの良さ」は不動産の3大要素の1つとして挙げられるほど、多くの人々にとっての重要な判断基準です。駅から遠い家は、通勤や通学、日常の買い物や外出が不便、夜間の帰路が怖いと感じる人が多いため、その魅力を感じにくい傾向があります。また、売却時の価値が低下する懸念や、将来的な資産価値の減少を危惧する買い手も少なくありません。このような背景から、「駅遠」は物件の売却時においてマイナス要因となることが一般的で、特に若い世代やファミリー層からの需要が低くなることが多いです。

駅から遠い家を売るコツを紹介!

車移動の生活をしている人をターゲットにする

駅からの距離がある家の大きなメリットとして、ゆったりとした生活空間や静かな環境が挙げられます。車を主要な移動手段としている人々は、駅の近さよりも広い敷地、駐車スペース、周囲の自然などを重視する傾向があります。そのため、物件のアピールポイントを「車でのアクセスの良さ」や「ガレージの広さ」、「周辺環境の魅力」などにシフトし、これらのメリットを最大限に活かす戦略を採ることが重要です。さらに、近隣の大型ショッピングモールやレジャースポットへのアクセスなど、車移動を前提とした生活利便性を強調することも効果的です。

価格を重視する人をターゲットにする

駅から遠い家は、同じ広さや条件の物件に比べて価格が抑えられるケースが多いです。この「コストパフォーマンスの良さ」は、価格を重視する層にとって大きな魅力となります。初めての家を購入する若い世代や、家計を重視するファミリー層などをターゲットに、物件の「お得感」や「将来的な資産価値の見込み」をアピールポイントとして強調することで、駅遠のデメリットを補うことができます。

駅から遠い家の売却実績が多い不動産会社を使う

不動産会社選びも成功の鍵となります。駅から遠い物件の売却実績が多い不動産会社は、そのエリアの需要やターゲット層を熟知しています。また、過去の成功例やデータを基に、効果的な販売戦略を提案してくれる可能性が高いです。このような不動産会社は、物件のポテンシャルを最大限に引き出すマーケティング手法やネットワークを持っているため、売却をスムーズに進めることが期待できます。

駅から遠い家を売るためのアピールポイントを紹介

駅から遠い家には、このようなアピールポイントがあります

  1. 静かな住環境: 都心の喧騒から離れ、快適な生活が可能。
  2. 広い敷地: ガーデニングやアウトドアリビングが楽しめる。
  3. 豊かな自然: 季節の移ろいや四季折々の風景を五感で感じられる。
  4. コストパフォーマンス: 同じ価格でより広い家や土地を手に入れられる。
  5. 独自性: 他の物件とは異なる、独自の魅力や特色が前面に出ることが多い。

駅から遠い家には、一見デメリットに思える点が多いかもしれませんが、その特性を上手く活かしたアピールポイントを紹介します。まず、多くの駅遠物件は静かな住環境を享受できるという大きなメリットがあります。また、都心部に比べて敷地面積が広いことが一般的で、豊かな自然や庭を楽しむことができます。価格の面では、駅近物件に比べてコストパフォーマンスの良さが際立っています。

まとめ

駅からの距離が長いというデメリットをカバーするためには、物件自体の魅力や周辺環境の良さをしっかりとアピールすることが必要です。自宅の特色や、静かな環境、緑豊かな風景などのポイントを活かし、効果的にアピールすることで、駅から遠い家でも魅力的な物件として売却することができます。物件の売却を検討する際は、その物件の持つ独自の価値を最大限に活かす戦略を選ぶことが重要です。

月別